ウェディングドレスの基礎知識 胸の大きさで違う!美しく見えるウェディングドレス沖縄ウエディングスクール【公式】

MENU
ウェディングスクールについて
ヴィラ紹介
ウェディングスクール生のための基礎知識
ウェディングドレスの基礎知識
スクール生のためのカウンセリングサロン
サイトマップ

KNOWLEDGE 胸の大きさで違う!
美しく見える
ウェディングドレス


胸元が大きく開くビスチェタイプが多いウェディングドレス。試着をしてみて、胸が貧相に見えることに驚く女性も少なくありません。その結果、胸に目がいかないようなデザインを選ぶ方も。
実はウェディングドレスは、胸の大きさで美しく見えるデザインが違います。
大切なことは胸のサイズではなく、バストラインに合ったドレスを選んでいるかどうかということ。お客様の希望を聞きながら、似合うタイプのドレスを上手に誘導していく必要があるでしょう。
今回は、胸の大きさごとに違うおすすめのウェディングドレスのデザインをご紹介します。


胸が小さい人に似合うおすすめウェディングドレス

胸が小さい人に似合うおすすめウェディングドレス

胸の小さな花嫁様には、デコルテを出し過ぎないデザインをおすすめしてあげてください。

■ハイネック
ハイネックのドレスは、クラシカルでエレガント。ですが、胸の大きな人が着ると太って見えてしまうので注意しましょう。
レースやオーガンジーなど、透け感のある素材がおすすめです。

■ボートネック
上品な印象を与えるボートネックは、鎖骨に沿った優美なラインが魅力的。ボートの底のような形のネックラインは露出度が低く、胸が小さいからこそスッキリキレイに着こなすことができます。
華奢なオードリヘップバーンが愛用していたデザインとしても有名です。

■胸元にボリュームがあるもの
胸元にギャザーなどでボリュームを出しているタイプのウェディングドレスや、コサージュやリボンの付いたデザインは、小さな胸をごまかしてくれる魔法のドレスです。試着したときに浮いているような感じがする場合があるので、しっくりくるものを選んでもらいましょう。
ギャザー、コサージュ、リボンで印象は全くかわりますので、その方に似合いそうなもの、ご本人の好みにあったものを提案してください。

■パットを入れる
どうしてもビスチェタイプのドレスが着たいなど、こだわりをもつ花嫁様におすすしたいのがパットです。ほとんどのウェディングドレスでは胸元にパットを入れられるようになっているため、パットが落ちたりずれたりする心配は不要。胸が小さな方は、2個くらいパットを入れて盛ってみましょう。
胸が小さい方がパットを入れずにビスチェドレスを着用すると貧相に見えてしまうため、必ずパットを着けてあげてください。


胸の大きな人に似合うおすすめウェディングドレス

胸の大きな人に似合うおすすめウェディングドレス

胸が大きな花嫁さんには、デコルテを出すデザインをおすすめしましょう。と言うのも、デコルテを隠すと窮屈そうに見えるうえに太って見えてしまうからです。

■ビスチェ
ウェディングドレスの定番ビスチェタイプは、デコルテや肩を出した女性らしいデザインです。首を長くすっきり見せてくれるうえ、ウェストのくびれが強調されるため着やせ効果が期待できます。
胸が小さい人は貧相な印象になってしまいますが、バストやデコルテにボリューム感がある人には最適。ぽっちゃり女子は二の腕を隠したがる傾向にありますが、思い切って出した方がキレイに見えます。
先入観で拒否する方が多いですが、ぜひ試着してもらいましょう。

■ハートカット
ハートラインとは、ネックラインがハートの上の部分の形をした丸みのあるデザインです。首回りが太い方も女性らしく見せてくれます。
ハートの切り込みがあまりにも深いとセクシーになってしまいますが、浅いものなら可憐で上品な印象に。
胸が大きい女性ほど最初は抵抗を感じてしまいがちですが、着てみると似合うことに多くの方が驚かれます。試着だけでもすすめてあげましょう。


PAGE TOP