ハワイウェディングの基礎知識 ウェティングプランナー体験談沖縄ウエディングスクール【公式】

MENU
ウェディングスクールについて
ヴィラ紹介
ウェディングスクール生のための基礎知識
ウェディングドレスの基礎知識
スクール生のためのカウンセリングサロン
サイトマップ

KNOWLEDGE ウェティングプランナー体験談


ウェディングスクール生やインターン生としてウェディングプランナーを目指している最中の皆さんにとって、プロの現場で働く先輩の体験談はきっと何よりの参考になるでしょう。
現在ウェディングプランナーとしてご活躍されている方々にお話を伺いました。

ウェディングプランナー歴 6年 S.Kさん

日頃のお仕事について教えてください

ウェディングを予定されているカップルからヒアリングを行い、どのような式を挙げることができるのか、大枠のプランをご説明します。そのあと結婚式の予算や日取り、会場選びや衣装の手配、そしてどのような結婚式にするのか何度も打ち合わせを重ねてプランを決めていきます。
新しい手法や演出の提案ができるように、常にアンテナを張って情報収集するようにしています。

ウェディングプランナーになって苦労したことは?

今までで一度だけですが、ウェディングの前日に4人分の席が足りないことがありました。席は招待状で出席の返信があった方のリストを見て確認済みだったのですが。
足りなかった原因は、新婦様が招待状を出した後に口頭で友人をご招待され、そのことを私共に連絡するのをすっかり忘れられていたからでした。
とにかく、翌日の披露宴に向け猛スピードでナプキン、椅子カバー、卓上装花、料理、飲み物などの手配をしました。各担当スタッフたちのおかげで、ウェディング本番は滞りなく終了。この時は本当にプロフェッショナルなスタッフに心の底から感謝しました。
この一件以来、特に出席者に関しては早めに何度も確認しています。

ウェディングプランナーとしてやりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

やはり、新郎新婦様から「ありがとう」という感謝の言葉を笑顔でいただくと、苦労や大変だったことが一気に吹き飛んで、達成感や充実感に満たされますね。

これからウェディングプランナーを目指す皆さんへのアドバイス

ウェディングは人生の一大イベント。お金をかけて家や車のように「モノ」を買うのとは違い、形に残るものは写真とビデオくらいです。それでも新郎新婦のお二人は「一生に一度の思い出を作りたい」と望まれています。そのお手伝いができるウェディングプランナーは責任も重大ですが、とてもやりがいのある仕事。ぜひ、素敵なウェディングプランナーを目指してください。

ウェディングプランナー歴 5年 A.Iさん

日頃のお仕事について教えてください

教会や衣装、ケータリングに至るまで、ご結婚される新郎新婦のお二人はもちろん、親族やゲストの皆さまにもご満足いただけるように気を配るのが私たちの仕事です。
本番当日の仕切りや本番のための準備や手配をする以外には、お客様からのお問合せ対応や勉強会などをしています。

ウェディングプランナーになって苦労したことは?

ウェディングでは予想もつかないハプニングがよくおきます。最初の頃は、スムーズに解決できずに先輩方からご指導をいただき、焦る気持ちを表に出さずに進行するのが本当に大変でした。
今では経験を積み、瞬時にお客様に不安を与えることなく対応できるようになってきていると思います。

ウェディングプランナーとしてやりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

ウェディング当日のお客様の笑顔を見たときに、本当にウェディングプランナーになって良かったと心から感じます。ウェディングまでの間、お客様と打ち合わせを重ねる中で次第に心の距離が縮まり、当日は身内を祝福するように感動が湧き出て幸せな気持ちになります。

これからハワイウェディングプランナーを目指す皆さんへのアドバイス

「これだけしていればいい」という単純な仕事ではないので、やることは無限大にあります。特に花嫁さんは式前にナーバスになることもあるのでフォローが大切です。
一生に一度の最良の日に皆様が心から幸せに包まれるよう、精一杯のサポートをしようという気持ちを忘れないでください。

PAGE TOP