ハワイウェディングの基礎知識 ウェディングフォトカメラマンに沖縄ウエディングスクール【公式】

MENU
ウェディングスクールについて
ヴィラ紹介
ウェディングスクール生のための基礎知識
ウェディングドレスの基礎知識
スクール生のためのカウンセリングサロン
サイトマップ

KNOWLEDGE ウェディングフォトカメラマンに求められるもの


沖縄のウェディングスクールへ入学したり、ウェディングスクールへの留学やインターンシップのためにハワイへ行こうと考えている皆さんの中には、「将来はウェディングフォトカメラマンとして働きたい」と考えている人も少なくないでしょう。ここでは、ウェディングフォトのカメラマンに求められる素質やスキルについてご紹介します。

技術と表現力

ハワイウェディングの基礎知識 ウェディングフォトカメラマンに ハワイウェディングの基礎知識 ウェディングフォトカメラマンに

カメラの基本操作や露出、ピント合わせ、ホワイトバランス、レンズワーク、型付けやライティングといった撮影にまつわるスキルが求められるため、当たり前ですがウェディングフォトカメラマンも写真が好きな人に向いています。そのうえで、ウェディングフォトは撮り直しができないという責任と自覚を持つことが大切です。
さらに、進行予定になかったサプライズなどにも瞬時に反応する柔軟性や、その瞬間を最高の写真に残せるようクオリティにこだわり続ける向上心も持ち合わせているのが一流のウェディングフォトカメラマンです。

ウェディングや会場の知識

挙式や披露宴では言うまでもなく大切な本番中の撮影なので、カメラマンも一般的な流れやマナーを知っていることは大前提。撮影現場となる会場の照明やフォトスポットなども事前に把握しておく必要があります。屋外での撮影なら季節や時間帯による太陽光の強さなども重要です。
また、ウェディングフォトにも流行があるので、常にSNSなどでトレンドをチェックしておいてお客様にポージングやアングルの提案ができると良いでしょう。

コミュニケーション力

カップルの数だけ好みがあります。お客様がどんな写真を望んでいるのか、事前の打ち合わせや出会ったときの様子などから要望を汲み取れるよう心がけましょう。
新郎新婦のお二人は多かれ少なかれ必ず緊張されているもの。その緊張を解きほぐして一生に一度のウェディングが最高の笑顔で写真におさめられるように、ウェディングフォトカメラマンにもコミュニケーション力が求められます。お二人だけでなく、時にはお子様やご両親などのゲストにも、細かに気を配らないとならない場面があるでしょう。

体力

ハワイウェディングの基礎知識 ウェディングフォトカメラマンに ハワイウェディングの基礎知識 ウェディングフォトカメラマンに

式や披露宴では立ちっぱなしどころか、会場をあちこち細かく移動し続ける体力が必要な仕事です。写真撮影にはカメラ以外にもさまざまな機材が必要なので、特に会場移動などがあると重い機材の持ち運びは楽ではありません。雑に扱うことのできないものも多いので、運ぶときに気を付ける必要もあります。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。



PAGE TOP