ウェディングドレスの基礎知識 ブーケの種類沖縄ウエディングスクール【公式】

MENU
ウェディングスクールについて
ヴィラ紹介
ウェディングスクール生のための基礎知識
ウェディングドレスの基礎知識
スクール生のためのカウンセリングサロン
サイトマップ

KNOWLEDGE ブーケの種類


ブーケの種類

花嫁コーデに欠かせないアイテムのひとつにブーケがありますが、ひとことでブーケといってもデザインや花材によって種類はさまざま。ウェディングドレスのデザインによっても相性の良いブーケが異なります。
そこで、このページではブーケの種類とそれに合うウェディングドレスのラインをご紹介します。
式とお色直しでそれぞれ違うブーケに持ち替えても良いですし、真っ白なウェディングドレスに対して白いブーケとカラーのブーケの2つを持ち替えるものステキです。


  • キャスケード
    キャスケード

    英語で「滝」を意味するキャスケードは、その名のように流れるような縦のラインが特徴のブーケです。結婚式の定番とも言えるデザインで、最もポピュラーな花材はカサブランカ。優雅でボリューム感のある格調高いキャスケードは、存在感のある花材を使うことで一層ゴージャスになります。
    クラシカルなデザインやマーメイドなど細身のドレスラインとの相性が抜群ですが、細く長めにアレンジしたキャスケードをAラインと合わせるのもおすすめ。

  • ラウンド
    ラウンド

    名前のとおり、花をドーム状に束ねた丸いブーケ。花材や色によってどんな印象にもアレンジが可能ですが、比較的かわいいイメージが作りやすいタイプです。
    相性が良いのはプリンセスラインやAラインなど、ボリュームのあるウェディングドレス。ブーケを作る花の種類の自由度は高いので、ドレスとのコーデは色を優先して考えても良いかもしれません。

  • オーバル
    オーバル

    キャスケードとラウンドの中間のような楕円形のデザイン。涙のつぶのようにも見えるため別名「ティアドロップ」とも呼ばれます。花材を選ばず、ノーブルにもキュートにもアレンジ可能なタイプなので人気があります。
    どんなドレスにも合うブーケですが、やわらかい印象を演出したい花嫁様におすすめ。オーダーする際に、ご本人がはっきりとした仕上がりイメージを持っていることがポイントです。

  • クラッチ
    クラッチ

    摘んできた花をそのまま束ねたような、茎が見える自然なデザインのブーケです。ガーデンウェディングやカジュアルなウェディングパーティーに人気。
    ナチュラルなデザインのウェディングドレスならどれでも相性の良いブーケですが、特にエンパイアドレスと合わせるとクラシカルな印象を強調させ、まるで外国映画のワンシーンのようなコーデに仕上がります。

  • クレッセント
    クレッセント

    クレッセントとは英語で「三日月」のこと。まるで三日月のような優しくゆるやかなカーブは、見る人にエレガントで大人っぽい印象を与えます。ほかのブーケと違ってアシンメトリーなデザインなので、ドレスの前をあまり隠さないのも特徴です。
    マーメイドラインやスレンダーなタイプのウェディングドレスに合わせるのがおすすめですが、Aラインやふくらみの控えめなベルラインとの相性も悪くありません。

  • ハンギング
    ハンギング

    手に持つのではなく、腕に掛けられるタイプのブーケ。球状にまとめたボールブーケが最もポピュラーで、ほかにもバスケットやバッグの形をしたものなどがあります。
    どのハンギングも基本的に丸みを帯びたデザインなので、スレンダーなタイプのウェディングドレスに合わせるのは難しいかもしれません。ボールブーケは和装にぴったりなので、お色直しで着物を着る女性に多く選ばれています。


※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。



PAGE TOP