ウェディングドレスの基礎知識 小物沖縄ウエディングスクール【公式】

MENU
ウェディングスクールについて
ヴィラ紹介
ウェディングスクール生のための基礎知識
ウェディングドレスの基礎知識
スクール生のためのカウンセリングサロン
サイトマップ

KNOWLEDGE 小物

ウェディングドレスの見せ方にとても重要な小物について詳しくお伝えします。


理想的なウェディングドレスを見つけた後は、更にその花嫁様の美しさを引き出すような小物を選ぶことが大切です。小物の使い方次第で、キュートな印象を強くしたりシンプルなウェディングドレスに豪華さをプラスしたり、全体的なイメージをガラリと変えるコーディネートが可能です。特に沖縄のウェディングスクールやハワイでのインターンシップに興味がある方にとっては必要不可欠な知識といえるでしょう。
ここでは、ウェディングドレスのコーデに欠かせない小物について詳しくお伝えします。


  • ベール
    ベール

    教会式の方のマストアイテムのひとつ。顔に1番近いということからも、ウェディングベール選びはとても大切です。
    花嫁の頭の上を軽やかに彩るシンプルなデザインのショートベールから、繊細なレースや豪華な刺繍をあしらったもの、後ろ姿の印象を大きく左右するような優雅なロングベールまで、バリエーションはとても豊富。ヘアスタイルやウェディングドレスに合わせるのはもちろんですが、教会の広さや
    バージンロードの長さなど会場の雰囲気にも合わせることが重要です。
    また、昔からウェディングベールは邪悪なものから花嫁を守る魔除けとしての役割があると言われています。

  • ヘッドドレス
    ヘッドドレス

    ウェディングドレス専用の髪飾りの全般のことを、ヘッドドレスといいます。代表的なものはティアラやクラウン、ボンネなどで、ヘアスタイルやウェディングドレスのボリュームとのバランスを見ながら選ぶのがポイントです。
    中でもティアラは昔から安定した人気で、アップした髪に載せるとまるでプリンセスのような仕上がりに。女性なら誰しも憧れるでしょう。一方最近では王冠モチーフのクラウンも注目されていて、特に頭のサイド側に寄せて飾れる小さめのミニクラウンが人気です。またクラシカルなイメージを目指すなら、小さな帽子状の髪飾りボンネがおすすめ。付ける位置によって大人らしくも幼くも見えるうえ、他のヘッドドレスを付けることが難しいショートヘアの女性にもぴったりです。

  • グローブ
    グローブ

    ウェディングドレスの全体イメージを決める上で重要な役割を果たす小物はたくさんありますが、その一つが手元を飾るグローブです。指輪を交換したり、新郎と腕を組んだりと、大切なシーンで花嫁の手元にはゲストの注目が集まるシーンが多くあります。
    そんなグローブにもさまざまな種類があります。キリスト教式で昔から正式とされている指が見えないタイプのものだけでなく、最近では指が見えるフィンガーレスタイプのデザインも増えています。
    他の小物同様グローブもレンタルすることが可能ですが、人によって指のサイズが異なるため購入する女性も多いようです。グローブの長さや素材、デザインなどは、アクセサリーを合わせるときと同様に、ウェディングドレスを着た状態で試着して選んでもらうのが良いでしょう。

  • シューズ
    シューズ

    ほとんどのウェディングドレスは足元が見えないため、シューズの色や形に大きな決まりはありませんが、できるだけ歩きやすいものがおすすめです。通常なら白かオフホワイトのヒールを合わせるのが基本ですが、カラードレスや丈の短いドレスの場合はその色やデザインに合った靴が良いでしょう。
    ドレスの丈によって合わせるヒールの高さも微妙に異なるため、ウェディングドレスを決めた後に、シューズも必ず試着をして最適なヒールの高さを確認してから選ぶことが大切です。加えて、新郎との身長差もチェックする必要があります。
    また、基本的に足元は見えにくいとはいえ裾を持ち上げて歩く場面もあるので、シューズの素材は万が一見えてしまっても美しく見えるサテンやエナメルがおすすめ。

このように、ウェディングドレスの魅力をさらに引き出す小物も多種多様で選ぶのが大変ですが、こだわりのある花嫁様にとっては大きな楽しみでもあります。
ウェディングのプロになるなら少しでも多くの知識を持つことが大切です。選ぶ小物によってウェディングドレスを着たときの雰囲気が大きく変わることが今からわかれば、更にウェディング業界への夢もふくらむことでしょう。


※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。



PAGE TOP