ウェディングドレスの基礎知識 ウェディングドレスのスリーブハワイ・沖縄ウエディングスクール【公式】

MENU
ハワイウェディングスクールについて
コンドミニアム紹介
ハワイウェディングスクール生のための基礎知識
ハワイウェディングの基礎知識
ハワイの教会・挙式場紹介
ウェディングドレスの基礎知識
スクール生のためのカウンセリングサロン
サイトマップ

KNOWLEDGE ウェディングドレスのスリーブ


世界中から注目の高いハワイウェディング。ビジネスとして即戦力として活躍したいならハワイのウェディングスクールやハワイでのインターンシップがおすすめです。様々な知識が必要となりますが、ここではウェディングドレス選びに重要なウェディングドレスの袖のデザイン、スリーブについて詳しくお伝えします。気になる二の腕のカバーなど、上半身の印象を左右するのがスリーブのデザイン。どんな方にどんなスリーブデザインが似合うのか学んでみましょう。


  • アメリカンスリーブ
    アメリカンスリーブ

    アメリカンスリーブとは、首の根元から袖の下まで衣服を斜めにカットし、肩を全面的に露出させるように大きく斜めにカットされた袖のノースリーブ型のことを言います。このデザインは、「肩幅が広い人やいかり肩の人に似合う」と言う説と「小顔で肩が華奢なラインの人に似合う」など、相反する説があるようです。このように着こなすのが比較的難しく、ネックラインの角度や細かなデザインによって、ウェディングドレスの印象が大きく変わるので必ず違うパターンでの試着がおすすめです。思いがけず似合うスリーブだったということもあり、女性らしく見えると定評があります。

  • フレンチスリーブ
    フレンチスリーブ

    フレンチスリーブとは、ノースリーブと半袖の中間くらいの長さで、身ごろと袖の切り替えがなく、身頃から裁ち出された小さな袖のデザインのことを言います。肩の先が少ししか隠れないくらいの短い袖なので、日常の服なら腕の太さを気にする方はあまり着ることが無いと思いますが、ウェディングドレスの場合、デザインによってはスリムな方よりも逆にぽっちゃり体型の人や肩が丸い人に似合う場合もあります。また、ウエストから肩のラインが逆三角形になるので、肩の丸さを綺麗にカバーするだけでは無く、絞られたウエストがすっきり細く見えると言う嬉しい効果もあるので、見た目だけで敬遠せず試着がおすすめです。

  • パフスリーブ
    パフスリーブ

    パフスリーブとは、半袖の袖をギャザーで絞り、丸く膨らませるように作られたデザインのことです。袖の膨らみの大きさや素材感により、印象が大きく変わり、ゴージャスで華やかな雰囲気から若々しく可愛らしい雰囲気まで演出してくれます。そして、丸いフォルムで肩幅や二の腕をカバーしてくれるので、肩周りや二の腕が太くて悩んでいる方にもおすすめです。また、ふんわりとした形から「バルーンスリーブ」などと呼ばれ、ヴィンテージのウェディングドレスなどで甘い雰囲気を出す時によく使われます。

  • ロングスリーブ
    ロングスリーブ

    イギリスのキャサリン妃が長袖のウェディングドレスを着たために、ロングスリーブのウェディングドレスが人気を再燃したと言われています。ロングスリーブとは、6分丈から手首までの長さの袖全般のこと。軽さを演出するため、繊細なレースや透け感のある薄い生地で作られていることが多く、腕の細いラインを華やかなレースがぼかしてくれるため、細身で腕が華奢な人にぴったり。少し生地に余裕を持たせて透け感があるタイプなら、腕全体が綺麗にカバーされるので腕が太くて悩んでいる方にも似合うでしょう。エレガントな上品さもプラスされます。

このように、ウェディングドレスのスリーブのデザインは様々です。欠点を上手に隠すものから、逆にそこをチャームポイントに見せてくれるのもデザイナーさんのこだわりでしょう。体形や顔立ち、その方の雰囲気やドレスを着るシチュエーションなどが重要ですが、花嫁の年代によっても考慮したいところです。
例えば、年齢が高めの女性が長袖タイプにすると、大人っぽさが更に強調され実年齢よりも更に上に見えてしまうことがあります。そのため、上半身に悩みがあまりない場合はスリーブが無いものや露出の多いデザインがおすすめ。また、長袖以外で腕をカバーするなら、グローブの長さで調整するのも便利です。
ほかにもアイデアはたくさんあるので、ハワイのウェディングスクールで更に詳しく学んだり、ハワイのインターンシップで実際にプロのテクニックを間近で見たり、出来るだけ多くの知識を持ちましょう。


※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。



PAGE TOP